あなたの目が疲れている?良い回復法は?

こんにちは。

浜松市・豊橋市のパーソナルトレーニング・ダイエット専門店

S-pace【エスペース】です。

 

本日は

 

【疲れている目の回復法】

 

についてご紹介致します。

 

 

皆様、自粛期間中にテレビ、スマホなどの見過ぎで目が疲れていないですか?

 

そんな方、必見です!!

 

「眼精疲労」は眠ったり休憩をとっても目の痛み・かすみ、頭痛などが残り、
 継続した目の疲れが出てきたりする症状のことを指します。

 

 

どんな症状?

疲労による目の充血、かすみ、視力の低下などがあげられます。

さらに進行すると食欲低下、便秘などが起こったり、

ひどい場合吐き気をもよおしたりすることもあります。

たかが疲れ目と放っておくと、大変なことになってしまいます。

 

 

 

オススメ!!

 

3つの眼精疲労の回復方法

 

①温パック&冷パック

 

温パック

火傷しないような温かさのタオルなどを目の上に乗せます

目の周辺の血行がよくなり、疲れも解消しやすくなります。

冷パック

水にぬらして絞ったタオルを冷やして目の上に乗せます。

充血がひどいときは、温パックより冷パックがおすすめです。

 

 

 

 

 

②眼を動かして疲労回復

眼球のまわりの筋肉を動かすことで、

眼の周りの血行をよくし、硬くなった目の周りの筋肉を柔らかくします。

 

眼の運動の仕方としては

目を固く閉じてから目をぱっと開いてみたり

視線を左や右、そして上や下に動かすことで眼の運動になります。

 

 

 

③食材から疲労回復

目の疲労回復には食事から摂る栄養が重要な役割をはたします。

 

 

 

眼の疲労回復に必要な栄養素

 

・ビタミンB群

 効果:目の充血、視力の回復

食材:豚肉、サバ、納豆など

 

 

 

・アントシアニン

 効果:白内障予防、抗酸化作用など

食材:ブルーベリーなど

 

 

 

・ルテイン

 効果:抗がん作用、抗酸化作用

食材:ほうれん草、ブロッコリーなど

 

 

 

・ベータカロチン

効果:筋肉の弾力性を復活させ、疲れ目・かすみ目の症状を緩和

食材:ニンジンなど

 

 

自粛期間中に視力が落ちた、目のかすみがある人は

3つのことを一つでもいいので意識して頂いて、

ぜひ、実践してみて下さい。

 

 

 

 

執筆者

S-pace豊橋店

パーソナルトレーナー

黒田 和幸

 

資格

NSCA認定 パーソナルトレーナー

キネシオテーピング協会認定 キネシオテーピングインストラクター

日本体育協会認定 スポーツリーダー

初級障害者スポーツ指導員

レクリエーションインストラクター

 

経歴

MLBワシントンナショナルズ スプリングキャンプ アスレティックトレーナーインターン

テレビ朝日 「くりーむなんちゃら」 「ビートたけしのスポーツ大将」 コンディショニングサポート

日本スポーツコーチ&トレーナー協会

運動生理学/スポーツ応急処置  講師

プロアスリート・プロバレエダンサートレーニング指導

芸能人・アーティストのコンディショニングサポート

幼稚園フィジカルトレーニング指導

 

 

==============================

お問い合わせ・無料体験の申込はこちら

◇豊橋店

豊橋店HP:https://s-pace-toyohashi.com/

住所:愛知県豊橋市中浜町219-12

TEL:0532-26-8350

E-mail:s-pace-toyohashi@sun-roots.com

Instagram:@s_pace.toyohashi

ダイエットコラムの最新記事8件